出版記事

年寄りの物言いみたいだが、この20年で人と人とのコミュニケーションの仕方は、どんどんと表面的になっている。手紙はemail、さらにはブログ、フェイスブック、ツイートへと成り代わった。

テクノロジーの進歩とともに、自ら熟考する時間や考えを表現する場が減りつつあり、言うことを事前に考える時間はますます短くなり、言われたことを忘れるスピードも以前よりずっと早くなった。

私は時折、1ヶ月かけて興味を持ったあるトピックについて熟考し、何千通りもの言葉でその考えを表現するという贅沢を楽しんでいる。

以下は、@ITに掲載された私の今の(+かなり昔の)コラムです: