Scream in Fearある時、ある1人の意欲的なアントレプレナーが私に感銘を受けたと言い、その理由は私が新規プロジェクトを立ち上げるにあたって失敗を恐れないからだと。その賛辞を必要以上に嬉しく思ったのも本当のところだが、彼が私をそのように思っていたという事実にショックを受け、彼のその考えを正さねばと思った。

あらゆる大きなプロジェクトを立ち上げる際に恐れを感じるだけなく、それらを走らせている間もまったくもって恐怖に怯えることがある。

メディアと一部の創業者の双方がアントレプレナーを、自らの信念に疑念を持たず、次の一手に迷うことなど無い勇敢な夢想家として描きたがる。これは純然たるフィクションだ。

もし会社を立ち上げる際に少しの恐れも感じないのであれば、自分が何をしているか十分に理解していないか、あるいはそのプロジェクトそのものに野心が欠けているかだ。

恐れを抱くことは良いことだ。ただ、恐れに邪魔されないことだ。

 

Salesman伝統的な日本のセールスマンは絶滅の危機に瀕している。今や、彼らが提供する情報はインターネットからより完全な形で効率的に得ることができる。今日のセールスマンは販売サイクルをスローダウンさせるだけでなく、販売員を雇用しなければならないことで製品コストが上昇するので、顧客にとっても魅力的でない。

人情は良いものだが、価格や効率の点で最終的に勝ち目が無い。

日本のセールスマンを絶滅危惧種の一覧に挙げるべきだ。ビジネス環境は変化しており、もう間もなく、きわめて複雑で高額の製品を扱うような隙間市場でしか生き残れなくなるだろう。