Money Tree私は、今年参加したスタートアップ向けイベントの中でも屈指の盛況なイベントの観客席に座っている。次は、一列に並んだスタートアップ会社のCEOらが自己紹介と会社紹介をすることになっている。印刷されたアジェンダには、各社の社名、創業者、業種、資本調達額が詳しく記されている。

…やれやれ何てこった!

資金調達額以外、スタートアップ会社の潜在力・将来性を伝える指標がほとんどない。資金調達は虚栄の指標のようになっており、愚か者ほどそれに目を向け過ぎる。収益にこそ真の意義があるというに、それにもかかわらずほとんどのスタートアップ会社は売上げの数値を公表するという考え方に怯えるのだ。

ビジネスの成長において資金調達というのはほんの小さな一部分に過ぎないのに、スタートアップはそれに固執し過ぎているのではないだろうか。

Comments are closed.

Post Navigation