We Never Grow Up先月、東京の開発者たちとの集まりにいくつか参加した。私は、妻と自分の肝臓が許す限り、こういったイベントにできるだけたくさん行くことにしている。酒を酌み交わしながら開発者の創業者たちとざっくばらんに話をすることは、終わりなく魅力的だ。ほぼ毎回、何かしらの新しい学びがある。

必然として、こういったイベントにはエンジンヤード社のステッカーを持参しては欲しいという人のために配っている。ちょうど先月に電車の形をしたとても可愛いロゴステッカーをデザインしたばかりで、参加者たちはそれを見て大いに喜び、20分後には全て手元に無くなった。同じイベントで他の会社も自社ロゴを付した小さなキャンディーを用意していたが、それも大興奮とともに瞬く間に無くなった。

突然、この様子が奇妙に思えた。この部屋はとてつもなく頭脳明晰な人々で溢れており、大半が20~30代、50代も何人かいる。その全員が無料のステッカーとキャンディーに大興奮してハッピーになっていた。私たちは幼稚園以来、さほど成長していないようだ。

 

Comments are closed.

Post Navigation